ネイティブイングリッシュの効果:1か月目

ネイティブイングリッシュを実際に購入してみました。

これから毎月1回ネイティブイングリッシュの実際の内容とどんな感じで効果があるのかどうかをこのサイトでUpdateしていきたいと思います。

挨拶に色々な種類があるんだね

今まで挨拶と言えば”How are you”や”Nice to meet you”などが定番でしたが、このネイティブイングリッシュには

  • “How are you doing” : 元気ですか?
  • How’s going : 元気してる?
  • What’s up : 元気?

など、学校の教科書では習っていないですが何となく聞いたことがあるフレーズがたくさん出ていました。実際に意味を知って「好きなアイドルのフレーズで入っていた」というようなことがわかったので、そういったフレーズはきっと頭に残るんだと思います。

天気の話は会話のつかみにOK

外国人に限らず、話の最初の導入として日本人同士でも天気の話をすることって多いですよね。

そういった場合にこのネイティブイングリッシュでは天気の話のフレーズとして

  • What’s the weather like? : 天気はどう?
  • How is the weather over there? : そちらの天気はどう?
  • We’re having great weather : とてもいい天気ですね

など色々な言い回しが載っています。

他にも

  • Spring is just around the corner : 春はすぐそこです。
  • I can smell autumn : 春らしくなってきました
  • It never gets this muggy : こんなに蒸し暑くありません

など、季節ごとに使えるフレーズも載っています。

通勤の話

ネイティブイングリッシュの効果で一番大きいと思ったのが通勤関連のフレーズですね。

普段外国人の同僚と話すときにやはり通勤の話なります。特に日本は通勤ラッシュがひどいのと、通勤時間が長いので会社に来る前に体力が消耗してしまうらしいです。

  • How do you go to work? : 通勤手段は何?
  • I go to work by train : 電車で通勤しています
  • How long is your commute : 通勤時間はどれくらいですか?

これらが私がネイティブイングリッシュの最初の1か月で暗記したフレーズです。こんな感じでこれからもネイティブイングリッシュの勉強の効果をUpdateしていきます。

コメントを残す